日本質的心理学会 第16回大会

ごあいさつ

このたびの大会テーマは「むすぶ」としました。
学会とは,人と人とをむすぶためにある場所だと思います。
これから研究にとりくむ高いこころざしをもった若手の研究者と著名なベテラン研究者を,あたらしい研究テーマやその進め方のヒントをさがしている研究者とその人にとって貴重な研究のアイデアを,われわれ日本の研究者と海外で活躍する研究者を,あるいは質的研究と量的研究にたずさわる研究者をむすぶ役割さえ学会は果たすかもしれません。

本学白金キャンパスは,都内の主要駅からアクセスしやすいめぐまれた立地にありますが,残念なことに大学近辺には京都の哲学の道のような散策するのにむいた小径も,情緒ゆたかでおもむきのある商店街もありません。その代わり,大石内蔵助ひきいる赤穂浪士が葬られていることで有名な泉岳寺や,2020年の東京オリンピックにあわせて暫定的開業をめざしている高輪ゲートウェイ駅が徒歩圏(いずれも本学よりおよそ1kmの距離)にあります。ご関心のある方はこの機会に足を伸ばしてみてください。

ただいま大会開催にむけて準備をすすめておりますが,いまのところ大会スタッフも充分とはいえず,みなさまにはご不便をおかけすることもあるかもしれません。わたし個人にとっては,この大会は大学院生時代からこれまで質的研究のおもしろさや奥ふかさなどを教えてくださった先達の先生方への恩がえしの機会だと受けとめています。
このたびの大会が参加者のみなさまにとってよい「むすび」の場となることをこころから願っております。

日本質的心理学会第16回大会委員長
野村信威

大会事務局
〒108-8636 東京都港区白金台1-2-37 明治学院大学心理学部心理学科
日本質的心理学会第16回大会準備委員会
連絡先:jaqp2019[at]gmail.com ※[at]を@に置き換えてください。
Copyright © 日本質的心理学会 第16回大会 All Rights Reserved.
ページの先頭へ戻る